年をとると出っ歯になりやすい?

               歯並びや噛み合わせが悪い!種類と見分け方

            年を取ることによって、出っ歯が進行したという方も実は結構います。

            歯並びというのは常に動いてて、長い年月をかけて徐々に動いていくのです。

            年を取ってから対策するのは難しいので、出来れば早めに治療をした方が良いと言えます。

 

   歯並びが変わる原因

  1.歯の治療の中断

            最も歯並びを悪くしやすいのは、歯を抜いたままにする、仮の歯などが取れたままにするなど、

            歯の治療を不完全な状態で放置した場合です。

 

  2.嚙み合わせ

            特定の歯が、他の歯と嚙み合わせのバランスが取れていなかったりすると、

            噛むたびに押されたりして、歯並びが悪くなることがあります。

 

  3.歯ぎしり

            毎日、睡眠中に歯ぎしりが行われると、歯並びが悪くなることがあります。

            上の前歯などが外側に倒れていくように広がることもあります。

 

  4.歯周病

            歯周病で歯を支えている骨が溶けてしまうと、ぐらつきが大きくなり

            歯が動きやすく歯並びが悪くなることがあります。

 

  5.親知らず🦷

            親知らずが生えるスペースがない場合など、

            奥歯から前歯の方に向かって押す力が発生する為、前歯の歯並びに影響する場合があります。

            その他にもちょっとしたクセにより、歯を動かす原因になる恐れがあります。

 

 

  不自然な歯並びを放置すると…

           実は、歯は徐々に動いていると言われています。

           歯が少しだけ前に出ているという方は、数十年後に出っ歯になっていることも多いと言えます。

           歯というのは、常に正しい位置を求めて動き回ります。

           大抵の人は、数年単位で動いて行くために、気づかないことも多いのです。

           そして、着実に歯というのはズレているものなので、注意が必要となります。

                         衝撃を受けるイラスト/無料イラストなら「イラストAC」

   気づいた時に治療を💡

                    やってみようイラスト/無料イラストなら「イラストAC」

               症状が悪化すれば治りにくくなることも多いです。

               年を取ってから矯正するのではなく、

               年を取る前に正しい位置に直していくことが必要です✨