歯並びがねじれる原因

          前歯が前後に出てしまったり、歯が回転したりすることで歯がねじれてしますことがあります。

 ねじれの原因は、歯槽骨というU字型のアーチの大きさが関係しています。

        歯の本数に対してアーチが小さいと歯が並ぶスペースが不足し、歯がねじれてしまいます。

      ねじれの度合いによって差があり、歯によっては180度ねじれている場合もあります。

 

  ねじれで多い箇所

         歯槽骨というU字型アーチが小さいということは、歯が並ぶスペースも小さいことになるため、

         歯が前後に飛び出したねじれたりしてしまいます。

         また、歯が生えてくる方向がずれることや歯が大きい場合でも起こる事はあります。

 

  歯並びが自然に変わってくることも

         大人になってから歯が動くこともあります。               

         歯並びは時間とともに移動をすることがあり自分でも気づきにくいのですが、

         見た目に変化が現れると気づくことが多いです。

         分かりやすい変化が、前歯が以前より前方へでてきたり前歯の間に隙間ができた、

         前歯のねじれがでたです。

 

  歯並びがねじれていることで体に影響って?

         歯並びガ悪い場合、ハブラシで清掃がおもうようにできないことがあります。

         それにより、磨き残しで虫歯や歯周病の発生リスクが高くなってしまったり。

         また、歯並びが悪い事でコンプレックスになり、

         人によってはコミュニケーションを避けてします場合もあります。

         軽度の歯並びのねじれであれば短期間で矯正を行うことが可能です😁