あけましておめでとうございます。難波矯正歯科です。

本年もよろしくお願いいたします🐯🤍🤍

 

本日は矯正後の後戻りについてお話ししたいと思います。

 

後戻りの原因とは??

 

矯正後の後戻りの原因としては、リテーナーの装着時間が十分ではなかったこと、口腔習癖(舌癖、口唇癖、口呼吸など)があげられます。

 

歯は様々な要因により形態等、日々変化しています。

 

例えば、食事の噛むという行為により上下の歯がすり減ってしまい、歯の高さ、かみ合わせの状態が変化したりします。

また、歯ぎしりや食いしばりの癖など、口や舌、顎の動かし方の習慣も歯並びに影響があるとされています。

 

矯正治療では、歯を支えている骨(歯槽骨)が溶けて歯が移動し、動いた場所で骨が新たに形成され固まることによって歯を動かしていきます。

矯正治療が終了したばかりの歯の周りの骨はまだ弱く、不安定なため歯はとても動きやすい状態になっています。

 

この状態で、お食事をされたり、先ほどお話しした口腔習癖を改善しないまま生活されたりすることで、後戻りが起こってしまうのです。

 

後戻りを防ぐためには??

 

矯正治療後に後戻りを防ぐため行うのが保定装置(リテーナー)の装着です。

詳しくは以前ご紹介している記事を投稿しておりますのでそちらも併せてご確認ください🔥

 

固定式のものや、取り外しができるものなどリテーナーにはいくつか種類があります。

当院では基本的には取り外し可能のクリアマウスピースを使用しております。

(ご希望がございましたら他のタイプに変更可能な場合もございますのでご相談下さい。)

 

リテーナーは、矯正治療により綺麗になった歯並びを保ち、定着・維持させるためには必要不可欠なものです。

しかしながら、実際には歯を動かす治療が終わり綺麗になった満足感からリテーナーの装着を怠ってしまう方がいらっしゃいます。

 

後戻りの原因で最も多いのがリテーナーの装着時間が十分ではなかったという理由です。

逆に言えば、きちんとリテーナーを装着してさえいれば、大きな後戻りが起こることはないのです。

 

序盤でお伝えした通り、歯は日々動き、変化をしています。

保定期間は長ければ長いほど高い効果が得られるとされています。

 

綺麗な歯並びを長く保つために、リテーナーを着用することが最も効果的です。

当院でも保定期間(歯を動かしていた期間+半年)が終わっても、使い続けられている方、就寝時のみ使用されている方、たくさんいらっしゃいます。

さらに、リテーナーとして使用するマウスピースは歯ぎしりや、食いしばりの癖があるかたに有効だともいわれています。

 

綺麗な歯並びを保ちつつ、悪習癖からも守ることができるなんて使用しない理由がないですよね!?!!?🙈🤍🤍

 

歯ぎしり、食いしばりは歯周病や、歯槽膿漏等の原因となり、歯だけではなく顎などにも悪影響を及ぼす可能性もあります。

なかなかご自身で改善するのは難しいとされているのでリテーナーを着用してリスクから守りませんか?

 

本日は矯正後の後戻りと、後戻りを防ぐために、という2点についてお話させて頂きました。

 

当院では無料カウセリングを行っておりますので他にも気になる点がございましたらお気軽にお問い合わせくださいませ。

皆様のお越しをスタッフ一同心よりお待ちしております。🤍🤍