治療に使われる薬品でアレルギーが出ることはありますか?

矯正治療に使われる薬品でアレルギーが出ることはありますか?

アレルギーを引き起こす原因となるものを「アレルゲン」と呼びますが、様々な薬剤や材料がアレルゲンとなるため、アレルギーを"絶対に"起こさない歯科治療はありません。

金属アレルギーについて

矯正歯科とアレルギーの関係で一番よく話題にのぼるのが、「金属アレルギー」です。マルチブラケット型矯正では、ブラケットやワイヤーは金属でできており、金属アレルギーを持っている方は矯正装置や金属の詰め物でアレルギー症状が出ることがあります。近年では、セラミックやプラスチックのブラケット、マウスピース型矯正も登場しており、金属アレルギーの方でも矯正治療を安心して受けることができます。

ラテックスアレルギーについて

こちらも薬品ではありませんが、ラテックス(天然ゴム製品)にアレルギーを持つ方もいらっしゃいます。歯科では患者さまのお口の中で処置を行うとき、手袋をしますが、この手袋にラテックスが含まれているものもあります。ラテックスアレルギーをお持ちの方は、その旨をお伝えください。

手袋以外にも矯正治療では、顎間ゴム、セパレートと呼ばれる歯と歯の間にすき間作るためのゴム、矯正装置用のカバーなど、ゴムが使用されていそうな製品がありますが、基本的にはこれらに天然ゴムは含まれていません。

気になること、不安なことは事前にご相談ください。

鎮痛剤アレルギー

抜歯を行った際や歯科矯正用アンカースクリューの設置後には、患者さまに痛み止めの処方を行いますが、鎮痛剤のアレルギーをお持ちの方もいらっしゃいます。当院では、アレルギーの有無を伺った後、「ロキソニン」の処方を行っております。アレルギーをお持ちの方はご相談ください。