よくある質問
Q & A

虫歯があると治療期間は長くなる?

矯正治療を考えていますが、虫歯かな?という歯があります。虫歯があると治療期間は長くなりますか?


申し訳ございませんが、領収書の再発行は行なっておりません。

まずは虫歯治療を

まず、虫歯の影響で矯正治療が長引く、歯が動きにくいということはありませんが、矯正開始前に虫歯が確認できる場合には、原則として虫歯を治療してから矯正治療を始めることになります。
そのため、矯正治療のスタート時期が遅くなると言えます。
矯正治療中は虫歯のリスクが高くなり、矯正治療前からみとめられる虫歯は悪化する可能性もあります。せっかく矯正治療をしても、虫歯で歯を失ってしまっては元も子もありません。特に治療の必要がない軽度の虫歯を除いて、基本的には虫歯治療を優先させましょう。

抜歯の対象となる歯が虫歯の場合

ただ、矯正治療では治療に抜歯を伴う場合があります。矯正治療の抜歯では主に小臼歯を抜いて歯の並ぶスペースを作っていきます。
歯が虫歯になっていても、その歯が矯正治療計画の中で抜歯の対象となっていれば、治療の必要がない場合もあります。
虫歯治療をまだ開始していないという方は、まずは矯正治療のご相談に来ていただくと、虫歯の治療が必要かどうかについてお話しさせていただけます。

矯正治療中の虫歯にもご注意を

ととのえた歯並びや噛み合わせを生涯維持していくためには、虫歯予防・歯周病予防が大切です。
先ほども述べましたが、特に矯正治療中は虫歯のリスクが高まります。
矯正治療中に虫歯になってしまった場合は、経過観測、矯正治療と並行した治療、矯正装置を外しての治療など、その症状によって変化しますが、矯正装置を外さなければ治療できないものの場合は、その期間中、矯正治療がお休みとなってしまいます。
この場合には治療期間にも影響が出てきてしまいますので、やはり虫歯には注意が必要です。

矯正中の虫歯リスクを避けるために

難波矯正歯科では、正しいデンタルコントロールを患者さまにお伝えする取り組みを行っています。
歯磨きをはじめ、デンタルケア用品を用いたお手入れ方法をお伝えするほか、定期的にクリニーング・健診を行っていただくことで、健康な口腔内環境の維持が期待できます。


0120-118-387 24時間受付
WEB予約