舌側矯正は矯正装置が取れやすいのでは?

舌側矯正は表側矯正に比べて、矯正装置が取れやすいということはありませんか? 特に奥歯は舌が当たって取れやすいイメージがあります。

まず、矯正装置(ブラケット)は歯の表面に接着しており、取れる(脱離)することもあります。矯正装置は最終的には取り外すので、そこまで強固な接着ができません。そのため外れることもあるのですが、舌が当たった程度では外れません。

矯正装置が外れる原因は?

矯正装置が外れる原因として多いもの挙げていきましょう。

  • 1装置にからまる・くっつく食べ物
  • 2噛む力が強い、かみ合わせが深い
  • 3セラミックや金属の被せ物が多い

矯正装置が外れる場合、ほとんどが上記の原因のどれかに当てはまります。舌側矯正ですと、特に、2番目の「噛む力が強い、かみ合わせが深い」場合、前歯の裏側につけたリンガル矯正装置が歯に当たり、ブラケットが取れてしまうことが見受けられます。こうした状況では奥歯もかめなくなっていることが多いので、奥歯部分に歯科用のレジンを盛り、高さを調節することによって、ブラケットの脱離や奥歯のかみ合わせに対処します。

ブラケットが取れた場合はすぐにご連絡ください

かみ合わせが深い場合を除いては、舌側矯正だから取れやすいということはありませんが、患者さまの中には矯正装置が外れやすい方もいらっしゃいます。難波矯正歯科では、取れる原因を見極めできる限り対応いたします。ブラケットが外れた場合にはすぐにご連絡ください。