舌側矯正をやる場合、演奏や治療に支障が出ませんか?

趣味で管楽器をやっています。舌側矯正を選択した場合、演奏や治療に支障が出ませんか?

楽器の演奏を気になさる患者さまは多くいらっしゃいます。表側に矯正装置がつくタイプのマルチブラケット矯正(ラビアル矯正)の場合には、楽器のマウスピースに矯正装置が当たってしまい、違和感や演奏のしづらさ、痛みがでることがあります。

最近ではそれを解消するためのガードも登場していますが、裏側に装置がつく舌側矯正(リンガル矯正)やマウスピース型矯正の場合、痛み、唇の損傷などの問題は出ません。

ただ、管楽器は息の出し方、口の形の作り方などが難しく、そのバランスが少しでも狂うと音が出なくなったり、演奏がしづらくなることもあります。舌側矯正やマウスピース型矯正の場合、楽器の演奏に基本的には問題が無いものの、息の流れや下の位置(アンブシュア)が変わり、演奏者さまからみると、「演奏しにくい」と感じることがあるかもしれません。

できるだけ楽器演奏に支障の無い形で矯正治療をすすめていきますが、100%支障がないとは言い切れません。まずはご相談ください。