受け口を治すには手術が必要?

                     子供の矯正治療 | 尾崎矯正歯科クリニック

   受け口とは?

              下あごについている歯一部、もしくは下あごの歯前全体が

              あごの歯よりも前に出ている状態のことを指します。

              これを反対咬合と呼んでいますが、俗にいしゃくれとも呼ばれています。

              受け口の原因としては上顎前突と同じように、下あごの過成長など骨格に問題があるものと、

              歯列に問題があるものに分けられます。

 

  受け口で困る事

              前歯で食べ物を噛み切りにくい

              サ行やタ行の発音が舌足らずな発音になりやすい

              下顎が動きにくく顎関節症を引き起こすリスクがある

              口を閉じた時に「への字」になりやすく、怒ったような表情に見えてしまう

 

   受け口の原因

      遺伝によるもの

             骨格性の受け口の場合は遺伝が原因になっていることが多いのが特徴です。

             両親のどちらかが受け口である場合、子供にも遺伝する確率が高くなります。

 

      前歯の生え方によるもの

             上の前歯が内側に傾き、下の前歯が外側に傾いて生えてしまった場合

             に受け口になってしまうことがあります。

 

      悪習慣によるもの

             指しゃぶりや舌で下の歯並びを内側からおすような癖、

             下のあごを前に突き出す癖などがあると、

             下顎の成長が促されて受け口になってしまうことがあります。

             また、口で呼吸をする癖(口呼吸)があると、

             鼻呼吸が行われない為に上顎がきちんと成長せずに受け口になってしまうことがあります。

 

 

   受け口を治すには?

              受け口というのは『反対咬合』という症例です。

               ①歯だけが反対になっている。

               ②下あごの骨そのものが大きくてかみ合わせが上下反対になっている。

               ➂上あごが小さすぎて反対になっている。

              という3つのケースがあります。

              ①のように比較的軽度な症例は矯正だけで治すことはできます。

              しかし、ケース②や➂のように骨そのものに問題がある場合は、

              骨を切る手術が必要になります。

             手術のメリット・デメリットを確認して判断されることをお勧めします。